京都で『相続税』なら【税理士法人心 京都税理士事務所】

税理士法人心

  1. 続きはこちら
  2. 続きはこちら
  3. 続きはこちら
  4. 続きはこちら
  5. 続きはこちら

選ばれる理由一覧はこちら

お客様相談室

新着情報

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

相続税計算シミュレーション

  • 文責:所長 税理士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年1月24日

1 相続税の計算方法

相続税の細かい計算方法はさておき、皆様が気になるのは「どういった場合に、どれくらいの相続税を納めなければならないのか」という点ではないでしょうか。

そこで、遺産総額と、相続人の人数別に、相続税の概算について、ご説明します。

もっとも、細かいルールまで言及するときりがないため、ざっくりとした概算の説明になります。

2 遺産総額8000万円で、相続人が配偶者と子2人の場合

相続人が3人の場合、4800万円が基礎控除額です。

つまり、遺産総額8000万円から、4800万円を引いた3200万円に対して、相続税が課せられます。

今回のケースであれば、相続税額は350万円です。

この350万円を、遺産の取得割合に応じで、各相続人に振り分けます。

たとえば、法律どおりの割合で遺産を分ければ、配偶者が190万円、子がそれぞれ80万円ずつ相続税を負担することになります。

もっとも、配偶者は、1億6000万円までは、相続税が課せられないため、配偶者の相続税の負担額は0円です。

3 遺産総額が2億4800万円で、相続人が配偶者と子2人の場合

先程と同じく、基礎控除は4800万円です。

そのため、遺産総額2億4800万円から、4800万円を引いた2億円に、相続税が課せられます。

今回のケースであれば、相続税の総額は3900万円です。

仮に、遺産の取得割合を、配偶者が2分の1、子Aが6分の2、子Bが6分の1とした場合、相続税の額は、配偶者が1950万円、子Aが1300万円、子Bが650万円になります。

もっとも、配偶者の税金が0円になるのは、先程と同じです。

4 細かい計算は税理士にご相談を

以上のシミュレーションは、かなり大まかな概算です。

実際には、相続税を軽くするための特例が複数存在するため、相続税の申告の際は、もっとも相続税が軽くなるような工夫を行います。

また、財産の評価方法によっては、遺産総額そのものを下げることができる場合があります。

そのため、相続税の相談をする際は、相続税に強い税理士に相談することが大切です。

相続税の対策に税理士が必要な理由

  • 文責:所長 税理士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年1月7日

1 相続税の対策は事前準備が大切

相続税で問題になりやすいテーマが、いかにして納税資金を用意するかというものです。

たとえば、遺産が3億円あった場合、相続税の資金には困らないようにも思えますが、その3億円の大半が不動産だった場合はどうでしょうか。

遺産の中に現金や預貯金がない場合、相続人は自らの資産の中から、相続税を用意しなければなりません。

もし、相続税を用意できない場合は、相続した不動産を売却して納税資金を用意するという方法もあります。

しかし、相続税の納付には、10か月という期限があります。

そのため、急いで不動産を売却することになり、足元をみられやすくなってしまいます。

こういった事態を防ぐためには、生前のうちから、相続税の対策をしておく必要があります。

2 相続税の事前対策には税理士が必要

仮に、相続税の納税資金を用意するために、生前のうちから不動産を売却するという方向になったとします。

しかし、やみくもに不動産を売却することは、得策ではありません。

たとえば、一定の不動産については、最大で80%評価額を下げることができます。

とすると、その不動産については、急いで売却する必要はなく、他の不動産を優先的に売却すべきということになります。

また、不動産の売却代金をそのまま持っているより、生命保険などを利用すれば、相続税を軽くすることができます。

こういった、相続全体の対策をする上では、税金に関する法律を熟知した上で、手続きを進めることが大切です。

そのため、相続税の事前対策は、税理士のアドバイスが不可欠です。

3 相続発生後も税理士が必要

相続発生後は、相続税の申告を検討しなければなりません。

もし、不適切な相続税の申告をしてしまえば、税務署による調査が入ってしまう可能性があります。

そこで、相続発生後は、税理士に相続税の申告を依頼し、適切な納税をすることが重要です。

特に、相続税の申告では、税金を軽くするための様々な特例があります。

この特例を利用するには、様々条件があるため、税理士に相談しましょう。

相続税に強い専門家に相談するメリット

  • 文責:所長 税理士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年12月22日

1 スピーディーな対応が可能

相続税の申告をする上で、大切なのがスピード感です。

相続税の申告期限は、原則として亡くなってから10か月です。

その間に、相続税の申告で必要になる資料を集めて、適正な納税額を計算しなければなりません。

相続税に強い税理士であれば、どういった場合に、どんな資料が必要なのかを最初から把握しているため、スピーディーな対応が可能です。

あまり相続税の申告の経験がない税理士であれば、どんな資料を集めればいいのかを把握していない状態からスタートしなければならない場合もあるため、スピーディーな対応が難しい可能性があります。

2 適正な相続税の申告を行うことができる

税理士であれば、誰が行っても、同じ相続税の申告書ができあがると考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、相続税の申告書の内容は、税理士によって異なることがあります。

たとえば、相続税の申告をする上では、不動産の評価が必要になります。

なるべく不動産の評価額を下げた方が、相続税を軽くすることができるため、不動産の減額要因があるかをくまなく調査することが大切です。

このような調査や、計算は、高度なノウハウが必要になるため、相続税に強い税理士と、そうでない税理士では、結果に差が出ることも少なくありません。

3 次の相続についても検討が可能

相続税の申告をする上で、欠かせない考慮要素が、次の相続です。

たとえば、高齢の夫が亡くなり、妻と子が相続人だったとします。

特別な事情がなければ、次は妻の相続が発生し、その時に子が新たに相続税の申告をすることになります。

このように、比較的近い時期に2回の相続税の申告が必要になる場合は、1回目の申告と、2回目の申告で、どれくらいの相続税がかかるのかをシミュレーションしておく必要があります。

その結果次第で、夫の遺産をどの程度妻が相続すべきなのかどうかが決まってきます。

相続税に強い税理士であれば、こういった次の相続も見据えた上で、シミュレーションが可能です。

相続税の相談から申告までの期間

  • 文責:所長 税理士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年9月22日

1 相続税の申告をするために必要な準備

相続税の申告をするためには、関係する資料を集め、相続税の申告書を作成する必要があります。

具体的には、まず戸籍謄本を集め、相続人の人数を確定させます。

次に、預貯金の残高証明書や、不動産に関する資料など、遺産に関する資料を集めます。

最後に、集めた資料に基づき、相続税の申告書を作成します。

2 最初の1か月で相続人の人数を確定させる

相続に関する手続きでは、まず戸籍謄本を集める必要があります。

戸籍謄本を集めることで、相続人の人数を確定することができます。

まずは、亡くなった方が生まれてから、亡くなるまでの戸籍謄本を集めます。

これによって、亡くなった方の配偶者や、子の人数が分かります。

もし、子が亡くなっていて、孫がいる場合は、孫が相続人になるため、必要な戸籍が増えます。

また、第2順位以降の人が相続人になる場合は、必要な戸籍がさらに増えることになります。

3 次の1か月で、遺産の調査を行う

相続人の人数が確定した後は、どんな遺産があるのかを調査します。

預貯金の調査をする場合は、家にある通帳を調べたり、金融機関で残高証明書を取得したりすることになります。

他方、不動産を調査する場合は、家に届く固定資産税に関する書類を探します。

ただし、固定資産税が発生しないような不動産もあるため、市区町村で、不動産の一覧表を取得する必要があります。

4 次の1か月で、相続税の申告書を作成する

集めた資料に基づき、相続税の申告書を作成します。

特に、形状が特殊な土地や、近くに特殊な施設がある土地など、特別な評価が必要な土地がある場合は、その評価をする必要があります。

また、非上場株式のように、市場で値段が決められていない株式は、適切な評価が必要になります。

5 相続税の相談はお早めに

上記のように、3か月程度あれば、相続税の申告書が完成します。

ただし、相続人の人数、遺産の内容などによっては、これ以上の期間が必要になる場合もあります。

相続税の申告には期限があるため、早い段階で相続税の相談をすることが大切です。

税理士に相続税の相談をする流れ

  • 文責:所長 税理士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年9月14日

1 お早めにご相談ください

相続税の申告は、ご家族が亡くなり、そのことを知った時から10か月以内に行う必要があります。

遺産の分け方が決まっているかどうかに関係なく、10か月以内の申告が義務付けられています。

しかし、相続税の申告をするためには、詳細な遺産の調査を行い、遺産の分け方を話し合うなど、様々な手続きを踏む必要があります。

そのため、10か月の期限ギリギリで税理士に相談しても、期限までに間に合わない可能性があります。

相続が発生した際は、なるべく早く税理士に相談することが大切です。

2 まずは電話やメールでお問い合わせ

ご予約なしで事務所を訪問しても、税理士が外出しているような場合、その場ですぐにご相談ということが難しいケースがあります。

そこで、税理士に相談する際は、まずは電話やメールで、相談の予約を取りましょう。

また、電話やメールで問い合わせた際には、相談料が無料なのかどうかや、事務所の場所などについても、しっかりと確認して説明を受けましょう。

さらに、最初の問い合わせの際に、家族構成や、遺産の内容をおおまかに伝えておくと、後日の相談がスムーズに進みます。

3 初回相談の流れ

相続税は、一定額以上の遺産がある場合に発生する税金であるため、家族構成や遺産の内容によっては、相続税の申告が不要な場合があります。

そのため、相談者様の家族構成と遺産の内容について詳細をお伺いし、相続税の申告が必要かを確認します。

次に、相続税がどれくらいの額になるのかを大まかに試算し、相続税の申告のスケジュールについて、ご説明します。

特に、相続税の申告の期限に注意をしながら、今後の流れをお伝えします。

4 初回相談後の流れ

初回相談だけでは、相続税の申告が本当に必要かどうかが分からない場合があります。

そういったケースでは、相続税の申告が必要かどうかを判断するために、銀行の残高証明書や、不動産の名寄帳など、より詳細な遺産に関する資料が必要になります。

資料が集まり次第、2回目の相談を行い、より詳しいご説明をいたします。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

税理士法人心の相続税サポート

相続税のお悩みをお気軽にご相談いただけます

相続税に関する手続きは、多くの方にとって初めて関与するものであり、馴染みのない場合が多いことかと思います。

また、税に関する専門的な知識が必要とされるため、書類の作成自体も容易ではありません。

適切に手続きを行うためにも、相続税については税理士にご相談ください。

税理士法人心であれば、相続税に関するご相談を得意としている税理士がお悩みをお伺いいたします。

当法人では、相続税に関するご相談は原則として相談料0円でお伺いしておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。

また、事務所にお越しいただく以外にも、電話やテレビ電話でのご相談も可能な場合がありますので、ご希望の方はお問い合わせ時にお申し付けください。

相続税の無料診断も実施中

依頼する前に、まずは相続税がどれくらいになるのか知りたいという方や、本当に相続税が発生するのか知りたいという方もお気軽にご相談いただけるよう、当法人は「相続税申告額無料診断サービス」を実施しております。

税理士がご相談者の方から相続財産の金額等を聴き取りし、その情報をもとに、おおよその相続税申告額を計算するサービスです。

無料でご利用いただくことができますので、ご興味のある方はご利用いただければと思います。

無料診断サービスのお申込みや、税理士とのご相談のご予約は、フリーダイヤルやメール等にて承っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

当法人の京都の事務所は、駅から3分の立地にありますので、電車をお使いの方にもお越しいただきやすくなっております。

京都で相続税に関してお悩みの方は、税理士法人心にお任せください。

お問合せ・アクセス・地図へ