京都で『相続税』なら【税理士法人心 京都税理士事務所】

税理士法人心

  1. 続きはこちら
  2. 続きはこちら
  3. 続きはこちら
  4. 続きはこちら
  5. 続きはこちら

選ばれる理由一覧はこちら

お客様相談室

新着情報

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

税理士に相続税の相談をする流れ

  • 最終更新日:2021年7月16日

1 お早めにご相談ください

相続税の申告は、ご家族が亡くなり、そのことを知った時から10か月以内に行う必要があります。

遺産の分け方が決まっているかどうかに関係なく、10か月以内の申告が義務付けられています。

しかし、相続税の申告をするためには、詳細な遺産の調査を行い、遺産の分け方を話し合うなど、様々な手続きを踏む必要があるため、10か月の期限ギリギリで税理士に相談しても、期限までに間に合わない可能性があります。

そのため、相続が発生した際は、なるべく早く税理士に相談することが大切です。

2 まずは電話やメールでお問い合わせ

ご予約なしで事務所を訪問しても、税理士が外出しているような場合、その場ですぐにご相談ということが難しいケースがあります。

そこで、まずは電話やメールで、相談の予約を取りましょう。

また、電話やメールで問い合わせた際には、相談料が無料なのかどうかや、事務所の場所などについても、しっかりと説明を受けましょう。

さらに、最初の問い合わせの際に、家族構成や、遺産の内容をおおまかに伝えておくと、後日の相談がスムーズに進みます。

3 初回相談の流れ

相続税は一定額以上の遺産がある場合に、発生する税金であるため、家族構成や遺産の内容によっては、相続税の申告が不要な場合があります。

そのため、相談者様の家族構成と遺産の内容について、詳細をお伺いします。

次に、相続税がどれくらいの額になるのかを大まかに試算し、相続税の申告のスケジュールについて、ご説明します。

特に、相続税の申告の期限に注意をしながら、今後の流れをお伝えします。

4 初回相談後の流れ

初回相談だけでは、相続税の申告が本当に必要かどうかが分からない場合があります。

そういったケースでは、相続税の申告が必要かどうかを判断するために、銀行の残高証明書や、不動産の名寄帳など、より詳細な遺産に関する資料が必要になります。

資料が集まり次第、2回目の相談を行い、より詳しいご説明をいたします。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

税理士法人心の相続税サポート

相続税のお悩みをお気軽にご相談いただけます

相続税に関する手続きは、多くの方にとって初めて関与するものであり、馴染みのない場合が多いことかと思います。

また、税に関する専門的な知識が必要とされるため、書類の作成自体も容易ではありません。

適切に手続きを行うためにも、相続税については税理士にご依頼ください。

税理士法人心であれば、相続税に関するご相談を得意としている税理士がお悩みをお伺いいたします。

相続税に関するご相談は、原則として相談料0円でお伺いしておりますので、お気軽にご相談ください。

相続税の無料診断も実施中

依頼する前に、まずは相続税がどれくらいになるのか知りたいという方や、本当に相続税が発生するのか知りたいという方のために、当法人は、「相続税申告額無料診断サービス」を実施しております。

税理士がご相談者の方から相続財産の金額等を聴き取りし、その情報をもとに、おおよその相続税申告額を計算するサービスです。

無料でご利用いただくことができますので、ご興味のある方はご利用いただければと思います。

無料診断サービスのお申込みや、税理士とのご相談のご予約は、フリーダイヤルにて承っております。

お気軽にお電話ください。

お問合せ・アクセス・地図へ