京都で『相続税』なら【税理士法人心 京都税理士事務所】

税理士法人心

お役立ち情報

相続税の計算方法

  • 文責:所長 税理士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年7月29日

1 まずは遺産総額を決めます

相続税を計算するためには、まず遺産総額がいくらなのかを計算する必要があります。

現金、預貯金、不動産など、プラスの財産はほとんどが遺産に入ります。

また、生命保険金や、過去3年以内になされた生前贈与などは、法律上は遺産ではなくても、相続税法上は遺産とみなされることがあります。

他方、亡くなった方に借金があった場合は、遺産総額が少なくなります。

2 遺産総額から基礎控除を引きます

相続税は、全遺産に対して課税されるわけではありません。

一定の範囲については、非課税という扱いになっています。

この非課税の枠は、基礎控除と呼ばれています。

たとえば、遺産総額が9000万円で、基礎控除が6000万円の場合は、6000万円までは非課税で、3000万円の範囲でのみ、相続税が課されます。

3 相続税の総額を計算します

遺産総額から基礎控除を引けば、課税される遺産総額が分かります。

次に、「課税される遺産を、法律どおりの割合で分けた」と仮定して、税率をかけます。

たとえば、課税される遺産が3000万円で、相続人が長男と二男の2人だったとします。

この場合、遺産を法律どおりの割合で分ければ、長男と二男は1500万円ずつ遺産を取得することになります。

この1500万円に税率をかけると、長男分と二男分の仮の税額が出ます

この税額の合算が、相続税の総額になります。

4 相続人ごとの実際の相続税額を計算します

相続税は、実際に相続する遺産の額に応じて納税することになります。

たとえば、長男が全遺産を取得することになれば、相続税は長男が全額支払うことになります。

他方、相続人が3人いて、遺産をちょうど3等分すれば、先程の計算で出た相続税を、相続人3名が3等分して支払うことになります。

5 実際には、もっと細かい計算が必要です

相続人の特性に応じて、相続税が軽減される場合があります。

たとえば、配偶者の方であれば、多くの場合で相続税がゼロ円になりますし、未成年の方が遺産を相続した場合は、一定額相続税が軽減されます。

このように、相続税の最終的な計算は、細かいルールに基づいて個別的に行われます。

相続税の申告に慣れていない方は、こういった特殊なルールを知らないまま相続税の申告をしてしまい、結果として余分に税金を納めてしまう可能性があります。

そのため、相続税の計算方法については、専門家に相談することが大切です。

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ