京都で『相続税』なら【税理士法人心 京都税理士事務所】

税理士法人心

お役立ち情報

相続税における小規模宅地等の特例とは

  • 最終更新日:2021年8月12日

1 土地を80%安くして相続税を軽くする!?

小規模宅地等の特例を使えば、土地の評価額が最大80%軽減されるため、相続税も大きく軽減されます。

なぜそんなお得な制度があるのでしょうか。

その理由は、「相続税を払うために、不動産を売却しないといけない」というケースをなくすためです。

遺産の中でも、土地は極めて高額なことが多く、その土地を相続したとしても、その土地を売却しないと、相続税が支払えないというケースが十分に考えられます。

しかし、土地を売却すると、そこで長年暮らしていた方や、そこで事業を行っていた方にとっては、生活の基盤を失ってしまうことになりかねません。

そこで、一定の土地については、思い切って相続税を軽減するという制度ができました。

2 小規模宅地等の特例が使えるケースは主に3つ

小規模宅地等の特例は、どんな土地に対しても使えるわけではありません。

1つ目のケースとして、亡くなった方が住んでいた自宅の土地に適用する場面があります。

この場合、土地の評価額が80%軽減されます。

ただし、330㎡までが限度のため、たとえば500㎡の土地を相続した場合、330㎡までは80%減額され、残りの170㎡は、通常の税金が課されます。

2つ目のケースは、亡くなった方が事業をしていた土地に、適用する場面があります。

この場合、土地の評価額は、400㎡までの限度で、80%評価が下がり、相続税が軽減されます。

3つ目のケースは、アパートやマンションを経営するための土地について、適用する場面です。

この場合は、200㎡の限度で、土地の評価額が50%軽減されます。

3 遺産の中に不動産がある場合は、税理士にご相談を

小規模宅地等の特例を使うことができれば、相続税を大幅に減額することが可能です。

しかし、小規模宅地等の特例を使うためには、様々な条件があります。

遺産の中に不動産がある場合は、一度税理士に相談し、小規模宅地等の特例が使えるかどうかを相談しましょう。

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ